読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Digital Wackys Blog

Digital Wackys のオフィシャルブログです。はてなダイアリーから引っ越しました。

「Digital Wackys Official Blog」はてなダイアリーから移行しました

“スター・トレックを科学する”サイエンス試写会に行って来たー!

twitterでつぶやく

【2009年劇場版】「スター・トレック」DVD&Blu-ray発売記念
スター・トレックを科学する”サイエンス試写会
に当選したので行ってきましたよ〜ん♪
http://www.startrek-dvd.jp/archives/2009/10/2009dvdbluray_1.html

会場

日本科学未来館7F イノベーションホール
2009年11月8日(日)14:00開場/14:30開演 /17:07終演


受付付近にはスタートレックのグッズが色々並んでいた
まずはメインのBlu-rayやDVD関係を中心に

真ん中のエンタープライズは7,000セット限定のアレ
http://d.hatena.ne.jp/d_wackys/20091105/1257410833


そしてプラモデルやフィギュアなど

大きなイベントなら即売するんでしょうが今回は展示だけの様だった

トークショー

宇宙・物理・科学の側面から『スター・トレック』を解明するという内容のトークショー。
当然のことながら会場内は撮影禁止のため、文字だけでトークショーを振り返ってみる。
会場内は飲食禁止で、劇場型の据置座席数は63席+イベント用収納席が40席のトータル全部で100席程。
スクリーンの大きさ240インチで、今回はプロジェクターによるBlu-ray上映。
スクリーン前に大きなエンタープライズ1701-Aの模型が展示されていた。
(歴代エンタープライズで一番美しいとは思うのだが、何故1701-A?)


定刻14:00にイベントスタート!
司会:八雲ふみねさん
ゲスト:タレント古瀬絵里さん、理学博士/サイエンスライター竹内薫さん
まずは古瀬絵里さんが真っ赤なウフーラのコスプレで登場!
続いて竹内薫さんは上半身のみカークで登場…。


元カレの影響でスタートレック好きになったという古瀬さんは、ウフーラになりたかったので嬉しい♪とのこと。
話の内容からして二人ともTOSファンみたい。
(それとも本作のプロモーション用のリップサービスかな?)


古瀬さん曰く「カークは肉食系でスポックは草食系。若い頃はカークみたいなタイプが好みだったけど、大人になった今ではスポックが好き♥」らしいですよ^^

そして本題である“スター・トレックを科学する”

【宇宙空間の航行について】
今回のエンタープライズは「宇宙空間にある水素を集める装置が装備されている」設定であり、より科学的に宇宙の航行について考慮されているそうだ。
そして劇中に登場する「赤色物質」こと人工ブラックホールは、原子レベルのほんの短い時間に限り実験で成功している。
数百年後にはできるかな?とのこと。(できたとして何に使うんだ?)


【転送装置の実現について】
原子レベルの小さいものなら現在の技術で可能。人間の転送が可能になるのは数千年後か?


【ワープについて】
ワームホールがあればワープ可能と言うが、スタートレック的には別物なのでDS9は観ていないんだろうな?と推測される。


【遮蔽装置について】
軍事レベルで数十年以内に実現可能。


エンタープライズの飛行について】
無重力の宇宙であれば航行可能だが、大気中では空気力学的に飛行は不可能。よって地上で建造することは難しい。


未公開映像を観てからだと作品の理解度が高まるとのことなので、Blu-rayもしくはDVDを買って是非!
(僕はまだ観てません…^^;)

今後の展開とフォトセッション

トークセッションは約20分で終了。
12/1に公式ファンクラブが設立されるらしく、サイトも含め諸々準備が進んでいるとのこと。
今後は日本でのプロモーションもだいぶ変わってくるのではないか?
非常に楽しみだ。


最期にマスコミによるスチル撮影タイム(フォトセッション)で終了〜。
ゲストは試写には参加せず。

試写会

既に劇場で2回と自宅のホームシアターでDVDを1回観ていたので、今回が4回目の鑑賞である。
スクリーンの大きさと音響からすると、自宅のホームシアターの方がよっぽど迫力があった。
まぁそれは良いとして、やっぱりBlu-rayとDVDは全然違うね。


最後に、映画はエンドロールの終わりまで席を立つな!ボケ!
半分以上の人が途中で帰ってしまいました…特に試写会でこれはないだろう…。
こういう奴らは試写会に来るな!
つか、映画を観るな!!!
凄く残念で悲しい…。

試写会終了後

トークショー時にスクリーン前に置いてあった1701-Aがあった


最後まで粘って関係者から面白い話を聞くことが出来た
本当に行って良かった〜

古瀬絵理さん公式ブログでの記事

古瀬絵理さんの公式ブログ『ふるせエリア』にて紹介されていました
記事タイトル「スター☆」
http://ameblo.jp/furuseeri/entry-10383941601.html

7,000セット限定 Blu-ray DVD

twitterでつぶやく