Digital Wackys Blog

Digital Wackys のオフィシャルブログです。はてなダイアリーから引っ越しました。

専用品はやっぱり違う!VIVID STORM「超短焦点プロジェクター用スクリーン」試用レビュー

自宅での動画観賞用にプロジェクターの需要が高まっています。
我が家でもプロジェクターを使ったホームシアターシステムを組んで楽しんでいるのですが、実はスクリーンは白いロールカーテンだったのです。
f:id:d_wackys:20210704231432j:plain
d-wackys.hatenablog.com
そこで今回レビュー用にお借りしたのは、VIVID STORMの100インチのスクリーン。

しかも単なるスクリーンではなく
「超短焦点プロジェクター専用」です。

ではどんなところが専用なのか、詳しく動画でご紹介しましょう。

床にドーンと横たわっている黒くて長い物体がスクリーン本体です。
f:id:d_wackys:20210704231538j:plain
左側面には電源類がまとめられており、付属リモコンの操作で電動でスクリーンがせり上がってきます。

f:id:d_wackys:20210704231645j:plain:w350 f:id:d_wackys:20210704231746j:plain:w350

f:id:d_wackys:20210704231814j:plain
これが100インチのサイズ!
f:id:d_wackys:20210704231842j:plain
で、特殊なのはスクリーン表面。
マクロで寄ってみるとノコギリの歯のようにギザギザしています。
これにより下からの光は平行反射させて、上からの光はあまり映らないようになっているんです。
f:id:d_wackys:20210704231945j:plain
だから超短焦点プロジェクターの下からの光はハッキリ映しますが、部屋の電気など上からの光にはあまり影響されないんです。
f:id:d_wackys:20210704232049j:plain
窓からの光なんかもあまり映り込まないので、明るい日中でも投影映像に集中できるんですね。
いやぁ〜専用品はやっぱり全然違います!
f:id:d_wackys:20210704232217j:plain
今回お借りしたのは超短焦点プロジェクター用ですが、他にも通常の長焦点用スクリーンや、サラウンドシステム用の透音穴付きスクリーンなどもラインナップされています。
しかもスクリーンサイズも幅広く対応しており、環境や用途にあった製品を選べます。

Amazon.co.jp: VIVID STORM SINCE 2004

本格的な製品なのでなかなか勇気のいる金額ではありますが、使ってみるとやっぱり欲しくなっちゃいますね。そして超短焦点プロジェクターも欲しくなっちゃいました。

頑張って働こう…

関連商品