Digital Wackys Blog

Digital Wackys のオフィシャルブログです。はてなダイアリーから引っ越しました。

コレを買っておけば間違いない!ポータブルプロジェクター「XGIMI Halo+」

以前XGIMIのホームプロジェクター「Elfin」をご紹介しました。
d-wackys.hatenablog.com
このElfinと同時に発表され、少しあとから発売になったのが「Halo+」です。
f:id:d_wackys:20211103170549p:plain


【XGIMI Halo+】圧倒的な明るさの、持って歩ける映画館

実はコレのどちらかを購入しようと考えていたのですが、何が違ってどんな使い方に向いているのでしょうか?

動画で詳しくレビューをお届けします!

まずは今使っている「XGIMI MoGo Pro」との大きさの比較。
同じバッテリー内蔵型のポータブルプロジェクターなので何となく形状は似てますけど、結構大きさは違いますね。
f:id:d_wackys:20211103164747j:plain
でも入出力端子の種類や数は同じです。
f:id:d_wackys:20211027132504j:plain
投影解像度はMoGo Proと同じフルHD
でも明るさが全然違うんです!
しかも前モデルHaloに自動台形補正機能が追加され、内蔵スピーカーは低音の効きが全然違います。

900ANSIルーメン 自動台形補正機能 5Wx2スピーカー内蔵
f:id:d_wackys:20211027132617j:plain:w220 f:id:d_wackys:20211027132726j:plain:w220 f:id:d_wackys:20211027132811j:plain:w220

自動台形補正は今までレビューしてきたMoGo Pro+、Horizon Pro、Elfinなどにも搭載されているので、今のXGIMI製品には標準装備って感じですね。
適当に斜めに置いてもまっすぐ投影してくれるだけでなく、壁面の絵画などの障害物も自動検知して避けてくれるんです。

障害物を自動的に検知して 避けて投影してくれる
f:id:d_wackys:20211103170242j:plain:w340 f:id:d_wackys:20211103170621p:plain:w340

別途3Dグラスを用意すれば、Bluray 3Dなどの立体映像も楽しめます♪

3D映像にも対応 自宅で3D映画も楽しめる
f:id:d_wackys:20211103165207j:plain:w340 f:id:d_wackys:20211103165237j:plain:w340

バッテリー内蔵型のポータブルプロジェクターなので、キャンプなどでも大画面を楽しめます。
f:id:d_wackys:20211103170520j:plain
とは言っても本体バッテリーだけでは2時間程度しか使えません。
ってことで今回はポータブル電源に接続して、さらにiPad ProのNETFLIXアプリに作品をダウンロードしてきて長時間楽しみました♪
f:id:d_wackys:20211103173705j:plain
ひとまずタープに投影してみたのですが、屋外で使うならこんな感じのスクリーンを買っても良いのかも?

とにかく手軽に高画質大画面が楽しめるということで、このクラスでは個人的に一番オススメしたいプロジェクターです。


【XGIMI Halo+】圧倒的な明るさの、持って歩ける映画館

ただし僕のように自宅で据え置きで使うというのであれば、バッテリー非搭載の分お求めやすい「Elfin」でも充分だと思いますよ♪
d-wackys.hatenablog.com
もしくは自動台形補正の付いていない旧型「Halo」も値引きされてるのでアリかも?

関連商品