Digital Wackys Blog

Digital Wackys のオフィシャルブログです。はてなダイアリーから引っ越しました。

高機能スマホ用電動ジンバル「ZHIYUN Smooth 5」

今まで色んな電動ジンバルをレビューしてきましたが、個人的に気に入って使用しているのがZhiyun製品。実はSmooth IIの頃から使っているんですよ。

f:id:d_wackys:20211225135047j:plain:w350 f:id:d_wackys:20211225134854j:plain:w350

そんなZhiyunのスマホ用電動ジンバルの新製品が「Smooth 5」です。
f:id:d_wackys:20211225135018j:plain

前モデル「Smooth 4」はYahoo!クリエイターズでご紹介しました。
(1分ちょっとの動画で特長を簡潔にまとめています)
creators.yahoo.co.jp

ではどんな部分が進化したのか、詳細は動画をご覧ください。

基本的な形状はSmooth 4と大きく変わりません。

最近流行りの折りたたみ型とは違ってアームの自由度も高く、ローアングルからハイアングルまでスムーズに移動できます。一脚などに装着すれば、ちょっとしたクレーンショットも簡単に撮影できます。

アームの自由度が高い 超広角でも問題なし
f:id:d_wackys:20211225135725j:plain:w350 f:id:d_wackys:20211225135731j:plain:w350

超広角レンズを使ってもジンバル自体が映り込まないというのも前モデルから引き継がれています。
f:id:d_wackys:20211225135557j:plain
ではどんな部分が進化したのでしょうか?
一番大きな変更点は、モーターがパワーアップして大型で重い機種でも安定して使用できるようになったこと。iPhone 13 Pro MAXなどの優秀なカメラ性能を存分に発揮して本格的な作品撮りなどが行えますね。

またフィルターやレンズ類などを装着しても余裕です。

大型のフィルター 各種レンズを装着可能
f:id:d_wackys:20211225141808j:plain:w350 f:id:d_wackys:20211225135841j:plain:w350

操作関連は最近のZhiyun製品に寄せてきた感じで、モード変更などがSmooth 4よりも使い易かったです。
f:id:d_wackys:20211225135337j:plain
専用アプリ「ZY Cami」を使用すれば、左側面のホイールでズームやフォーカス送りなども操作可能。
殆どの操作を手元だけで行なえます。

さらにコンボだと、専用ケースLEDライトカラーフィルターなども付属します。
LEDライトはマグネットでスマホホルダー部に簡単に装着でき、明るさも本体のダイヤルで調節可能。これなら暗い場所や逆光でもキレイに撮影できますね。

LEDライト&カラーフィルター ダイヤルで光量調整も可能
f:id:d_wackys:20211225135213j:plain:w350 f:id:d_wackys:20211225135454j:plain:w350

という事で、森林公園のイルミネーションを撮影してきました。
電動ジンバルなので暗い場所でも滑らかな移動撮影ができますし、アナモルフィックレンズを装着しても安定しています。
f:id:d_wackys:20211225140102j:plain
iPhone 13のシネマティックモードとの相性も抜群ですね!
これiPhone 13 Pro Maxとかならもっとキレイなんでしょうね。
f:id:d_wackys:20211225140109j:plain
左側面のホイールでズームフォーカス送りなどもできるので、凝った映像表現も可能になります。

スライドさせながら→ →奥にフォーカス送り
f:id:d_wackys:20211225140200j:plain:w350 f:id:d_wackys:20211225140226j:plain:w350

スマホのカメラで本格的な作品撮りをしようとお考えの方には力強い味方になってくれますよ♪

関連商品