Digital Wackys Blog

Digital Wackys のオフィシャルブログです。はてなダイアリーから引っ越しました。

「Digital Wackys Official Blog」はてなダイアリーから移行しました

はじめての「空蝉」撮影

5月24日〜6月3日に、EIZOガレリア銀座にてジェットダイスケ初の写真展「空蝉」が開催されました。
ジェットダイスケ初写真展「空蝉」、EIZOガレリア銀座にて開催 期間:5月24日(水)〜6月3日(土) | UUUM(ウーム)

セミ農家…
じゃなくて「蝉の羽化」がテーマの写真展だったのですが、その時に撮影テクニックや秘話を集めたセミナーを聴くことができました。
よ〜し!今年は蝉の羽化を撮るぞ!
と考えていたのですが、重い腰を上げて先日やっとチャレンジしてきました。

カメラとレンズは普段使用しているものです。

Canon デジタル一眼レフカメラ EOS70D ボディ EOS70D

Canon デジタル一眼レフカメラ EOS70D ボディ EOS70D

SIGMA 標準ズームレンズ 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM キヤノン用 APS-C専用 583545

SIGMA 標準ズームレンズ 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM キヤノン用 APS-C専用 583545

はじめにお断りしておきます。
RAWも同時に記録しましたが、ここに掲載している写真はトリミングのみ行ったJPEG撮って出しです。
(RAW現像すればもっとディテールが表現できるとは思います)

撮影

まずはこれから羽化する蝉を見つけ、普通に撮影してみました。
普通にと言うのは暗い場所でのセオリー通りスローシャッターってことです。

f:id:d_wackys:20170812214810j:plain 撮影モード:マニュアル
ホワイトバランス:オート
感度:ISO800
絞り:f2.8
シャッタースピード:10s
照明:なし(公園の街灯)

これだと背景の緑色も見えてきてしまうのでやっぱりメリハリが無いですね…。

ちょっとアングルを変えて、ジェット蝉ナーの教えを元に撮影してみました。
なるほど!これだけで全然雰囲気が違いますね!

f:id:d_wackys:20170812220555j:plain 撮影モード:マニュアル
ホワイトバランス:オート
感度:ISO800
絞り:f5.6
シャッタースピード:1s
照明:LEDライト

そもそも使用機材が違うのであくまでも設定は参考程度とし、微調整しながら撮影してみました。
これ以降は上記設定から絞りのみをf8に変更して撮影しました。
感度がちょっと高めではありますが、LEDライトの距離をちょっと離して光を広範囲に回したためです。

実際に撮影してみると思っていた以上に蝉の動きが激しくて、途中でブレ写真を連発してしまいました。
よく動くのでピント調節もとてもシビアです。
マクロスライダーを用意していませんでしたので、カメラのライブビュー機能で蝉の目を拡大して手動でピント調節しました。

f:id:d_wackys:20170812221211j:plain:w190 f:id:d_wackys:20170812221737j:plain:w190 f:id:d_wackys:20170812223814j:plain:w190

順調に羽化も撮影も進んでいたのですが…ここでトラブル発生!
蝉の羽が抜け殻に引っかかってしまいました…

しばらく様子を見ていたのですが、自力で抜け出せそうになかったのでアシストしてあげました。

f:id:d_wackys:20170812224547j:plain:w300 f:id:d_wackys:20170812225049j:plain:w300

なんとか羽も伸びたのでこれで無事に飛べるのではないでしょうか。
https://cdn-ak2.f.st-hatena.com/images/fotolife/d/d_wackys/20170812/20170812225907_original.jpg

使用機材

最低限必要な機材は、カメラマクロレンズ三脚LEDライトだけです。
今回はレリーズ(有線リモコン)も使用しました。当然あった方が便利です。

ジェットさんはさらに微動装置(マクロスライダー)を使用していましたが、これは間違いなくあったほうが良いです。
三脚と雲台だけでは微妙なアングル調整が非常に難しくなります。

今回LEDライトはiPhoneを使用しました。
僕はそんなに高価な機材は使っていませんが、そこそこ良い感じに撮れたと思います。
これ以上は機材と根気が出来栄えを決めるのでしょうね。

皆さんも是非チャレンジしてみてください。

参考動画

撮影方法はジェットさんの動画を参考にしてください。

撮影方法と裏話のセミナー最終日ダイジェスト

関連パノラマ

写真展会場にて

ジェットダイスケ個展「空UTSUSEMI蝉」#ジェットダイスケ #theta360 - Spherical Image - RICOH THETA

オススメはこれ!「VR ZONE SHINJUKU」どれを遊ぶ?

VR ZONE SHINJUKU これはヤバイ施設ができてしまった!超楽しかった!!!
f:id:d_wackys:20170712221547j:plain
今回キャンペーンに当選して本オープン前の研究成果発表会に参加することができました。
しかもコヤ所長とタミヤ室長の案内付き♪

さぁ、取り乱せ!VR ZONE SHINJUKU 研究成果発表会 #theta360 - Spherical Image - RICOH THETA

いやぁ〜控えめに言ってVR天国!
これを新宿のど真ん中に常設してしまったのは頭オカシイw(もちろん褒め言葉です)
一人で行ってももちろん楽しめますが、友達同士やカップルで行くのがオススメ♪

VRって一人で閉じこもるような先入観があるかもしれませんが、VR ZONE は真逆!
仲間と身体全体を使って取り乱しちゃってください!

でも一人で行っても大丈夫、スタッフの方がちゃんと人数調整してくれますよ。
むしろそれ狙いで行っても面白いかも?(^^)

女性はヒールで行ってもサンダルが用意されているので大丈夫ですが、取り乱しちゃうのでスカートはやめた方が良いです。
男性もやっぱり動きやすい服装が良いですね。結構体力使います。

動画レポート

では取り乱している様子をこちらの動画でご覧ください。

【今回体験したアクティビティ】(動画順)

  • マリオカート「アーケードグランプリVR」
  • ドラゴンボールVR「秘伝かめはめ波」
  • 釣りVR「GIJIESTA」
  • 恐竜サバイバル体験「絶望ジャングル」
  • 極限度胸試し「ハネチャリ」
  • エヴァンゲリオンVR「The 魂の座」

これで新作は制覇したってことかな?
お台場で体験したVRアクティビティを含めると、現時点で体験していないのは「高所恐怖SHOW」だけになってしまいました…でもコレだけは絶対に無理です…やる前から無理だって分かっているのです…
f:id:d_wackys:20170713192615j:plain:w640

各チケットでどれを遊ぶ?

さぁココまで色々体験してきて、初めての方へオススメするならどれか考えてみます。

まず「VR ZONE SHINJUKU」で遊ぶなら1day4チケットを事前購入するのが良いでしょう。
チケット - VR ZONE SHINJUKU
これには入場チケットと4つのアクティビティの体験が含まれているのですが、その選べるアクティビティに制限があるのです。
下図の通り、アクティビティは4つのグループに分けられており、そのグループの中からそれぞれ1つずつを選択することになるのです。

f:id:d_wackys:20170713221602p:plain:w480

これがなかなか悩ましい…
3回行って全部制覇するのが望ましいですが…初めての方に僕がオススメするならこの組合せです。

RED Ticket Blue Ticket YELLOW Ticket GREEN Ticket
わっきオススメ ハネチャリ ガンダムVR マリオカート アーガイルシフト
カップル 脱出病棟Ω エヴァVR 高所恐怖SHOW 釣りVR
男同士 絶望ジャングル ドラゴンボール ボトムズ アーガイルシフト
女同士 脱出病棟Ω ドラゴンボール マリオカート 釣りVR
ソロ ハネチャリ ガンダムVR 高所恐怖SHOW スキーロデオ

基本的にはみんなでキャーキャー言いながら体験するのが楽しいです。
例外がガンダムVRで…お台場だったら文句なしNo.1のVR体験なのですが、今はなきダイバーシティ東京プラザの実物大ガンダムを見たことが無い方にはちょっとランクが下がってしまうかも?

また、パニックキューブ、ナイアガラドロップ、トラップクライミングは、どの色チケットでも体験可能です。
参考にしてみてください。

その他雑感

次は滝と風船もやってみたい!
料理もゆっくり味わいたい!
お土産も買いたい!

でもVR仙豆(ドラゴンボールで使えるチートアイテムw)はちょっと高いなぁ…あんなに量いらないから半額にして欲しい。
ここだけの話、実際に試してはいないのですがドラゴンボールには裏技もあるらしいですよ?
(両手を上に構えるあの技が出せるとか出せないとか)

それと説明の時間をもうちょっと効率良くして回転を上げられないかな?
例えば待ち時間の列で動画を流すとか。(まぁ当然その辺は既に考えられてるのでしょうが)

今回は研究成果発表会って事で白衣が支給され、お土産として持ち帰ってきました。
VR ZONEはコスプレOKという事なので、次回はこの白衣を持っていけば良いのかな?(そうだ、あの人に着せよう)

20日に予約してるのでまた来週遊びに来ま〜す♪( ´ ▽ ` )ノ

vrzone-pic.com

関連商品

急速充電+モバブーの融合!ANKER「PowerCore Fusion 5000」【2017.8.7追記】ホワイトモデル登場

ずっと欲しかった商品をやっと手に入れることができました!
f:id:d_wackys:20170628214803j:plain
自宅でスマホを充電するには急速充電器をつかいますよね。
さらに外出時にはモバイルバッテリーが必須アイテムです。

f:id:d_wackys:20170628214546j:plain:w300 f:id:d_wackys:20170628214652j:plain:w300

このふたつを融合したものがANKERの「PowerCore Fusion 5000」です。
コンセントに繋いで使用すればUSB急速充電器、外して使用すればそのままモバイルバッテリーになります。

f:id:d_wackys:20170628215305j:plain:w300 f:id:d_wackys:20170628215357j:plain:w300

動画見てもらうとよく分かると思うんですけど、これは超絶便利ですよ!

外出時にモバイルバッテリーは必須アイテムですが、その肝心なバッテリー自体を充電するのをついつい忘れちゃったりして困ったことはありませんか?
使いたい肝心な時に充電されてないんですよ…。

でもこれなら寝ている間にスマホもモバイルバッテリーもフル充電できてしまいます。さらにそのままコンセントから抜いて出かければ良いので、バッテリー忘れた!なんてこともなくなるでしょう。(たぶん)
f:id:d_wackys:20170628215856j:plain
外出先でモバイルバッテリー自体の充電がなくなっても、コンセントの使用できる場所があればこれ単体で充電できてしまうのもありがたいです。

容量が5,000mAhということでそれほど大きくはありませんが、日常的に使用する分には十分な容量なのではないでしょうか。

ただ大きさも重さも9,000mAhのバッテリーと大差ない感じでした。
まぁしかし使い勝手などを優先するのであれば大した問題ではありません。
f:id:d_wackys:20170628220713j:plain
人気商品で品薄状態が続いていたのですが、どうやら在庫が拡充されたようです。
転売ヤーも多くいるので購入時には気をつけてください。

僕の購入時は2,599円でした。(2017/06/28)

【2017.8.7追記】ホワイトモデルが追加されました。微妙に価格が違う2,799円。(2017/08/07)

関連商品

約150g軽量ホビードローン「VISUO DRONE」初見編

最初に断っておきますが、トリム設定が思うように決まらずに上手く飛ばせてません。
海外のレビューを見るとちゃんと操作できているので、もうちょっとちゃんと調整をして再度レビューしたいです。

スマホとWi-Fi接続してFPVでの操縦ができるホビードローンです。
f:id:d_wackys:20170609162610j:plain

ってことでファーストインプレッション動画を御覧ください。

重量が実測で約150gと言うことで改定航空法の適用外となり、禁止されていない場所であれば自由に飛ばすことができます。
まるでDJI Mavic Proの様な感じで脚が畳まれていますが、広げるとそこそこな大きさになります。

f:id:d_wackys:20170609162824j:plain:w300 f:id:d_wackys:20170609162923j:plain:w300

機体前方には小型カメラが付いており、2Mピクセルの静止画、720Pの動画撮影が可能。
なはずんですけど…上手く動作しませんでした…
f:id:d_wackys:20170609164603j:plain
またスマートフォンとWi-Fi接続すると、すぐにFPVとして使用することができました。
さらに二眼ビューにもできるので、VRゴーグルを使えばドローンに乗っている視線で操縦することもできます。

f:id:d_wackys:20170609163415j:plain:w300 f:id:d_wackys:20170609163815j:plain:w300

しかし実際飛ばしてみると、トリム設定が思うように決まらずに思ったように操縦できませんでした…
ドローンを飛ばせないような風ではありませんでしたが、軽量なのでちょっとした風にも煽られやすいのかもしれません。
もうちょっとまともに飛ばせるはずなんですけどね…(^^;

f:id:d_wackys:20170609164202j:plain

何かボタン類が機能してないような気がするんだけどなぁ…
そもそも設定が間違っているのかなぁ?
近日再度チャレンジしてみます。

クーポンコード

この度TOMTOPさんからクーポンコードが発行されました。
【TOMTOP】
US$47.99だけ, VISUO XS809Wアップグレード版XS809HW 2.4G Foldable - Tomtop.com

クーポンコード:V73598 適用後価格:$37.99 使用期限:7/31

ドローンで遊んでみたいという方、試してみてはいかがでしょうか。

雑誌の付録だけじゃない!自撮りライト色々♪

雑誌CanCamの付録になっておっさんにも人気の自撮りライト。
新型が登場したということで僕の持っている自撮りライトと合わせて比較してみました。

f:id:d_wackys:20170524124544j:plain:w200 f:id:d_wackys:20170525215920j:plain:w360

まずは動画レビューをご覧ください。
自撮りライトというと女性が使うという印象が強いと思いますが、実は色んな場面で活躍してくれるスグレモノなのです。

CanCam付録

まずは新旧CanCam付録の自撮りライトを見ていきましょう。

左のハート型が前回のもので、右の星型が今回バージョンアップしたもの。
どちらも単四電池を2本使用します。

f:id:d_wackys:20170525215927j:plain:w300 f:id:d_wackys:20170525220059j:plain:w300

形状以外は同じように思いますが、新型は光量を2段階に変更できます。

f:id:d_wackys:20170525220300j:plain:w300 f:id:d_wackys:20170525220309j:plain:w300

メガネだと綺麗にキャッチライトが入りますが、瞳に入れるにはかなりアップにしないと入りません。

f:id:d_wackys:20170525220447j:plain:w300 f:id:d_wackys:20170525220653j:plain:w300

テレビや雑誌で瞳がキラーン☆っと光っているものは、そもそも大きなライトを使っているのです。
それでもあるとなしでは写りが全く違いますよ♪

市販品

実はこの様な自撮りライトは普通に市販もされているのです。
f:id:d_wackys:20170525220904j:plain
市販品の多くは充電式なのでコンパクトです。
f:id:d_wackys:20170525221024j:plain
アカリーナは色温度を3色(電球色3200K・昼白色4500K・昼光色5600K)に変更でき、光量も10%〜100%までバリアブルに調整できるので使い勝手はバツグンです!
クールに撮りたい時、可愛く撮りたい時、料理を美味しそうに撮りたい時など、被写体やシチュエーションに合わせて幅広く使えます。

まとめ

女性に限らずひとつ持っておくと色んな場面で活用できると思います。
特に女性受けが良いので男性諸君は意見交換会に持っていくとモテますよ!(ただしイケメンに限る)
お料理の写真も影を落とさずグッと寄れるし、テカリを出して美味しそうに撮影できますよ♪

f:id:d_wackys:20170525223541j:plain:w300 f:id:d_wackys:20170525223619j:plain:w300

僕のイチオシは、よしみカメラさんで取り扱っている「アカリーナ」です(^^)
皆さんもおひとついかがですか♪
yoshimi.ocnk.net

関連商品