Digital Wackys Blog

Digital Wackys のオフィシャルブログです。はてなダイアリーから引っ越しました。

「Digital Wackys Official Blog」はてなダイアリーから移行しました

約150g軽量ホビードローン「VISUO DRONE」初見編

最初に断っておきますが、トリム設定が思うように決まらずに上手く飛ばせてません。
海外のレビューを見るとちゃんと操作できているので、もうちょっとちゃんと調整をして再度レビューしたいです。

スマホとWi-Fi接続してFPVでの操縦ができるホビードローンです。
f:id:d_wackys:20170609162610j:plain

ってことでファーストインプレッション動画を御覧ください。

重量が実測で約150gと言うことで改定航空法の適用外となり、禁止されていない場所であれば自由に飛ばすことができます。
まるでDJI Mavic Proの様な感じで脚が畳まれていますが、広げるとそこそこな大きさになります。

f:id:d_wackys:20170609162824j:plain:w300 f:id:d_wackys:20170609162923j:plain:w300

機体前方には小型カメラが付いており、2Mピクセルの静止画、720Pの動画撮影が可能。
なはずんですけど…上手く動作しませんでした…
f:id:d_wackys:20170609164603j:plain
またスマートフォンとWi-Fi接続すると、すぐにFPVとして使用することができました。
さらに二眼ビューにもできるので、VRゴーグルを使えばドローンに乗っている視線で操縦することもできます。

f:id:d_wackys:20170609163415j:plain:w300 f:id:d_wackys:20170609163815j:plain:w300

しかし実際飛ばしてみると、トリム設定が思うように決まらずに思ったように操縦できませんでした…
ドローンを飛ばせないような風ではありませんでしたが、軽量なのでちょっとした風にも煽られやすいのかもしれません。
もうちょっとまともに飛ばせるはずなんですけどね…(^^;

f:id:d_wackys:20170609164202j:plain

何かボタン類が機能してないような気がするんだけどなぁ…
そもそも設定が間違っているのかなぁ?
近日再度チャレンジしてみます。

クーポンコード

この度TOMTOPさんからクーポンコードが発行されました。
【TOMTOP】
US$47.99だけ, VISUO XS809Wアップグレード版XS809HW 2.4G Foldable - Tomtop.com

クーポンコード:V73598 適用後価格:$37.99 使用期限:7/31

ドローンで遊んでみたいという方、試してみてはいかがでしょうか。

雑誌の付録だけじゃない!自撮りライト色々♪

雑誌CanCamの付録になっておっさんにも人気の自撮りライト。
新型が登場したということで僕の持っている自撮りライトと合わせて比較してみました。

f:id:d_wackys:20170524124544j:plain:w200 f:id:d_wackys:20170525215920j:plain:w360

まずは動画レビューをご覧ください。
自撮りライトというと女性が使うという印象が強いと思いますが、実は色んな場面で活躍してくれるスグレモノなのです。

CanCam付録

まずは新旧CanCam付録の自撮りライトを見ていきましょう。

左のハート型が前回のもので、右の星型が今回バージョンアップしたもの。
どちらも単四電池を2本使用します。

f:id:d_wackys:20170525215927j:plain:w300 f:id:d_wackys:20170525220059j:plain:w300

形状以外は同じように思いますが、新型は光量を2段階に変更できます。

f:id:d_wackys:20170525220300j:plain:w300 f:id:d_wackys:20170525220309j:plain:w300

メガネだと綺麗にキャッチライトが入りますが、瞳に入れるにはかなりアップにしないと入りません。

f:id:d_wackys:20170525220447j:plain:w300 f:id:d_wackys:20170525220653j:plain:w300

テレビや雑誌で瞳がキラーン☆っと光っているものは、そもそも大きなライトを使っているのです。
それでもあるとなしでは写りが全く違いますよ♪

市販品

実はこの様な自撮りライトは普通に市販もされているのです。
f:id:d_wackys:20170525220904j:plain
市販品の多くは充電式なのでコンパクトです。
f:id:d_wackys:20170525221024j:plain
アカリーナは色温度を3色(電球色3200K・昼白色4500K・昼光色5600K)に変更でき、光量も10%〜100%までバリアブルに調整できるので使い勝手はバツグンです!
クールに撮りたい時、可愛く撮りたい時、料理を美味しそうに撮りたい時など、被写体やシチュエーションに合わせて幅広く使えます。

まとめ

女性に限らずひとつ持っておくと色んな場面で活用できると思います。
特に女性受けが良いので男性諸君は意見交換会に持っていくとモテますよ!(ただしイケメンに限る)
お料理の写真も影を落とさずグッと寄れるし、テカリを出して美味しそうに撮影できますよ♪

f:id:d_wackys:20170525223541j:plain:w300 f:id:d_wackys:20170525223619j:plain:w300

僕のイチオシは、よしみカメラさんで取り扱っている「アカリーナ」です(^^)
皆さんもおひとついかがですか♪
yoshimi.ocnk.net

関連商品

予想以上にキレイ!4Kアクションカム「Andoer AN7000」レビュー

オンラインストアTOMTOPさんから、Andoer の4Kアクションカム「AN7000」をレビュー用に送って頂きました。
卸売り安い電子機器、衣類、ホームガーデンための中国オンライン・ストア-Tomtop.com
f:id:d_wackys:20170524184917j:plain
日本円で17,000円程度と安価ですが、4K解像度での動画撮影が可能です。

まずは動画レビューをご覧ください。

Ambarella A12S75チップセット、ソニーIMX117 CMOSセンサーと166度の広角レンズ。
動画記録性能は、4K / 30fps、1080P / 120fps、720 / 240fps。
静止画解像度は最大16Mピクセル。(4608x3456 4:3)

ハウジングを使用すると水深60mまでの防水性能。
f:id:d_wackys:20170524210602j:plain

実際に試してみると思っていた以上にキレイに撮影できました!
この画質には正直驚きました。良い意味で裏切ってくれましたね。
f:id:d_wackys:20170524214528j:plainf:id:d_wackys:20170524214452j:plain

背面液晶モニタもあるし三脚ネジもついているので、普通にビデオカメラとしても使えそうです。

f:id:d_wackys:20170524210255j:plain:w300 f:id:d_wackys:20170524210456j:plain:w300

欲を言えば166度の広角撮影以外に、もうちょっと画角の狭いモードがあると便利なんだけどなぁ…。
4Kからのクロップでも構わないので、ファームアップで対応してもらえると嬉しいですね。

Wi-Fiでスマホと接続すると、モード切替や設定などにアクセスしやすいです。
もちろんアプリはiOS/Android両対応です。
f:id:d_wackys:20170524214832j:plain
通常撮影以外にもタイムラプスビデオやループ録画、静止画では連写やセルフタイマーなども可能。

f:id:d_wackys:20170524212202p:plain:w140 f:id:d_wackys:20170524212150p:plain:w140 f:id:d_wackys:20170524212151p:plain:w140 f:id:d_wackys:20170524212201p:plain:w140

取扱説明書は英語のみですが、液晶画面表示は日本語にも設定可能です。
f:id:d_wackys:20170524215123j:plain

と言うことで、思っていたよりもかなり使えそうな感じです。
今後僕のアクションカムはこれをメインに使用することになりそうです(^^)

クーポン

今回TOMTOP から$30割引のクーポンが発行されました。

クーポンコード:V4652B

使用期限は2017/6/30まで!
気になった方は今すぐチェックです!!!
www.tomtop.com

関連サイト

Andoer AN7000
www.andoer.com

Fire 7 と Fire HD 8 に新モデル登場

Amazonの激安タブレット「Fire 7」「Fire HD 8」が新しくなりました。
f:id:d_wackys:20170518120415p:plain

Fire 7

Fire 7は価格据え置きでさらに軽く薄くなり、256GBまでのmicroSDでストレージを拡張できます。
解像度は1024x600で変更なしですが、正方形ピクセルになったので多少なりとも見やすくなったと思います。
またWi-Fiも高速化されています。

ストレージを拡張できるので8GBのモデルで良いでしょう。

Fire 7 タブレット (Newモデル)  8GB、ブラック

Fire 7 タブレット (Newモデル) 8GB、ブラック

Fire HD 8

Fire HD 8はマイナーチェンジ程度の変更ですが、ただでさえ安いのに更に安くなっちゃいました。
プライム会員ならクーポンコードで4,000円OFF!
7,980円ですよ!奥さん!

1280x800の8インチHDディスプレイやDolbyステレオスピーカーなどは変更なし。
変更点はFire 7同様に、256GBまでのmicroSDでストレージを拡張できること。
とにかく値下げが最大の更新ですね!

こちらもストレージを拡張できるので16GBのモデルで良いでしょう。

Fire HD 8 タブレット (Newモデル) 16GB、ブラック

Fire HD 8 タブレット (Newモデル) 16GB、ブラック

どれを買う?

どれを買おうか迷うかもしれませんが、僕がオススメするなら断然「Fire HD 8 16GB」です。
旧モデルのFireとFire HD 8を使用していますが、もう全然違います。
iPad Proも持っているのですが、使用頻度は断然Fire HD 8の方が多いです。
特に動画視聴をメインに使用するならFire HD 8一択です。

詳しい使用感は以前まとめたこちらのブログをご参照ください。
d-wackys.hatenablog.com

取材仕事で使用している超愛用品まとめ

本日発売、flick!特別編集「デジタル達人の超愛用品」に登場しております。
各方面で活躍中のプロの道具が見れて面白いですよ♪(^^)

デジタル達人の超愛用品 (エイムック 3677)

デジタル達人の超愛用品 (エイムック 3677)

https://www.instagram.com/p/BSDkINkBbFj/
flick!特別編集「デジタル達人の超愛用品」に登場してます。各方面のプロの道具が見れて面白い!(^^)

掲載内容以外を詳しく

「デジタル達人の超愛用品」に掲載されているのは標準的な荷物で、普段動画取材に行く時にはだいたいこんな感じです。
ってことで、本誌に掲載されていないよく使う機材などについてもご紹介してみます。

カメラ&レンズ

メインカメラはCANON EOS 70Dで、常用レンズはSIGMA 17-50mm f2.8です。
取材場所によって、交換レンズとして魚眼高倍率ズーム明るい単焦点を持っていきます。

マイク

そして必須なのがマイクです。
通常利用の外部ステレオマイクは随分前に買ったAudio-technica AT9440をマイクホルダーで固定。
街中や展示会場などざわついた場所ではラベリアマイクを2個使用しています。一眼レフでもiPhoneでも使えるので大変重宝しております。
音がちゃんと録れていないのはレポートとして致命的ですからとても大事です。
(外部マイクはそろそろ新調したい)

照明

掲載されているのは雑誌付録の小さなレフ板だけですが、最近は小型の照明は常に持って行く様にしています。
予め必要だと分かっている場合はクランプアームとともに用意していきます。

僕が気に入っているのは、よしみカメラさんで扱っている「アカリーナ」です。
yoshimi.ocnk.net

サブカメラ

サブカメラとしてフリースタイルカメラ、アクションカム、全天周カメラも使用します。

三脚

三脚類はこんな感じ。
VANGUARDの三脚は雲台の動きがスムーズなので気に入ってます。

そしてTHETAユーザにはこちらもオススメ♪
yoshimi.ocnk.net

その他

モバイルバッテリーと充電ケーブルは必須ですね。
バッテリーは場所や取材時間によって変えてますが、充電ケーブルはこれ1本でiPhoneもサブカメラも充電できるので助かります。

移動中の暇つぶしや客先でのプレゼンにはタブレットを持っていきます。
プレゼンメインの時にはiPad Pro、暇つぶしメインの時はFire HD 8です。

あとはいつでも何処でもVRコンテンツのプレゼンが出来るように、自作の「携帯型VRグラス」を持ち歩いています。
360.hatenablog.jp


と、まぁザッとこんな感じのものを普段は持ち歩いています。
さらに車移動の時などはしっかりした三脚やビデオ用雲台、星の撮影時にはポータブル赤道儀などを積んでいきます。
その他にサブカメラとしてEOS Kiss X4、大型のレフ板やミニスタジオ、簡易ドリーなどを使用することもあります。
参考になりましたでしょうか?(^^)