Digital Wackys Blog

Digital Wackys のオフィシャルブログです。はてなダイアリーから引っ越しました。

小さなボディに機能満載!お手頃ハイスペックプロジェクター「XGIMI Elfin」試用レビュー

現在自宅で使用しているプロジェクターは「XGIMI MoGo Pro」です。
バッテリー内蔵型のモバイルプロジェクターですが、コンパクトながらもフルHDで300ANSIルーメンという性能でなかなかお気に入りです♪
d-wackys.hatenablog.com

そんなXGIMIから新商品「Elfin」が登場しました。
先に感想を一言でまとめてしまうと、MoGo Proから買い替えたくなってしまいました。
f:id:d_wackys:20210814210717j:plain

MoGo Proとは違ってバッテリーを内蔵していない据置タイプのプロジェクターです。
発売前に先行して試用させて頂きましたので、実際に使ってみた感想などを動画でまとめました。

大きさはMac miniと同じくらい。
プロジェクターの投影スペックは、フルHD(1080P)の800ANSIルーメン。
MoGo Proの300ANSIルーメンとはパッと見で明るさが違います。

Mac mini とほぼ同じ大きさ フルHD 800ANSIルーメン
f:id:d_wackys:20210806182033j:plain:w350 f:id:d_wackys:20210806181946j:plain:w350

特筆すべきは自動台形補正機能が搭載されたこと。
これがかなり優秀なんですよ!
スクリーンに向けて斜め方向から投影すると、そのままでは画面が大きく歪んでしまいますよね。
それを最適な長方形に自動的に合わせてくれるだけでなく、障害物も自動で検知して避けてくれるんです。

はみ出してても… 自動で調整
f:id:d_wackys:20210814212603j:plain:w350 f:id:d_wackys:20210814212614j:plain:w350

Android TV 内蔵で、Googleプレイストアから各種動画サービスやゲームなどをダンロードしてすぐに大画面で楽しめます。
f:id:d_wackys:20210806181756j:plain
もちろんHDMI端子にBlurayプレイヤーやゲーム機などの外部機器接続して投影することもできますし、USBストレージを接続すれば写真や動画、音楽などのデータを再生することも可能です。

HDMIで外部機器を接続 USBストレージ内のデータ再生
f:id:d_wackys:20210814210248j:plain:w350 f:id:d_wackys:20210806184001j:plain:w350

さらにChromecastも内蔵されているので、スマホやタブレット、VR機器(Oculus Quest)などの画面も簡単に映し出すことができます。
f:id:d_wackys:20210814210431j:plain
スピーカーはXGIMI製品おなじみのHarman Kardon製3Wを2基搭載しています。これはMoGo Proと同じですね。
本体だけでも十分な音声で楽しめるのですが、音声出力端子やBluetoothを使用して外部スピーカーを接続すれば迫力満点のホームシアターになります。
f:id:d_wackys:20210814210541j:plain
若干ファンの音が気になる場面もありましたが、よっぽど静かなシーンでなければそれほど気にならないでしょう。
f:id:d_wackys:20210806183332j:plain
据置タイプではありますが、使いたい時にサッと取り出してパッと大画面を楽しめる♪
価格もスペックの割にはお手頃なので、はじめてのホームシアターにもオススメできると思います。

関連商品